助成金の無料診断はこちらから

労働移動支援助成金|中途採用を検討中の経営者様へ (中途採用拡大コース)

初めての中途採用で助成金が貰えました

やっと、教育も終わり、これから売上に貢献してもらうぞ!と思っていた矢先に突然の辞表をもらった経験はありませんか?

昨今の新卒採用では、こんな事例も多く見受けられるようです。

教育期間中は売上への貢献度は無いに等しい上に、人件費が安いとはいえ辞められてしまっては、教育係の社員にとっても精神的な負担も多く、ましてや中小企業であればそうそうお金も時間もつぎ込むことは厳しいのが現状です。

 

労働移動支援助成金(中途採用拡大コース)とは?

確かに、「中途1人の費用で、新卒が2人雇える」とは言いますが、中途採用には教育にかかるお金も時間も必要がないというメリットがあります。

その上、こんな助成金が貰えるとなると中途採用をやらないという選択肢はないのではないでしょうか?

今回は、初めての中途採用を考えている、経営者様には必見の助成金です。

その助成金は、「労働移動支援助成金(中途採用拡大コース)」です。

 

労働移動支援助成金(中途採用拡大コース)の対象者は?

・申請事業主に、中途採用により雇い入れられた社員

・雇用保険の一般被保険者又は高年齢被保険者として雇い入れられた社員

・期間の定めのない労働者(パートタイム労働者を除きます)として雇い入れられた社員

 

何から始めればいいの?

まずは、中途採用計画を作成し、管轄の労働局に提出することから始めます。

 

その後に、

・中途採用者の、労働時間・休日、雇用契約期間、評価・処遇制度、福利厚生などの整備をします。

・中途採用計画の拡大に取り組む期間を決めます。

※中途採用率の向上を図る場合は1年間

※ 45 歳以上の方の初採用に取り組む場合は1年以下で申請事業が期間を決めます。

 

支給要件は?

・中途採用計画期間より前の中途採用率が 50 %未満の事業所が、中途採用計画期間内に

中途採用率を 20 ポイント以上向上させる。

・中途採用計画期間より前に 45 歳以上の方を中途採用したことがない事業所が、中途採

用計画期間内に 45 歳以上の方を初めて中途採用する。

・支給申請を行う直近年度の生産性が、その 3 年度前の生産性と比較して6%以上伸ばす

ということです。

 

もしあなたの会社が、中途採用を行うのが初めてだとしたら、上記の条件は簡単にクリアできるでしょう。

簡単にクリアが出来る上に即戦力の中途採用者が売上げを生み出してくれます。

 

達成したらいくら助成されるの?

・中途採用率を向上させると、1事業所当たり 50万円

・45歳以上を初めて採用すると、1事業所当たり 60万円

が支給されます。

 

中途採用を行うだけで上記の助成金を支給してもらえる上に、即戦力の中途採用社員が売上げを上げてくれる、やらない理由が私には見つかりそうもありませんが、あなたはいかがですか?

 

福岡で助成金のことならご相談ください

このように、助成金は要件さえ満たせば必ず支給されるお金なのです。

助成金の事を知っている企業様はこれを仕組み化して、毎年50万~200万を支給されています。

あなたも、仕組み化して、毎年助成金を貰えるようにしてみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

SNSでシェア